お宮参りはカジュアルな服装でOK?【選び方やポイントを徹底解説】

お宮参りはカジュアルな服装でOK?【選び方やポイントを徹底解説】

生後1か月頃の赤ちゃんの誕生を祝い神社を参拝するお宮参りは、ママ・パパにとっても大事な行事です。一昔前まではお宮参りには着物を着ていくイメージがありましたが、最近ではどうなのでしょうか?

ママは出産後ということもあり、体調が優れなかったり赤ちゃんの授乳をしたりと忙しいですよね。着物やフォーマルな服装は動きにくくて心配な場合、ポイントを抑えればカジュアルな服装でも大丈夫です。

今回はお宮参りにおすすめの服装について、家族写真を一緒に撮る場合や撮らない場合のポイントも含めて紹介します。

お宮参りはカジュアルな服装で行ってもいい?

カジュアルな洋服

お宮参りは赤ちゃんが無事に産まれたことを感謝し、成長を祈る大切な行事なのでフォーマルなスタイルで参拝するのが基本です。

ですが、「お宮参りにカジュアルな服装で行っても良いの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

お宮参りの服装はオフィスカジュアルなら大丈夫!

生まれたばかりの赤ちゃんを抱いて慣れない着物などで移動するのは大変です。さらに、授乳も難しいですよね。このような理由から、最近ではカジュアルな服装を選ぶママ・パパが増えています

カジュアルスタイルの場合でもオフィスカジュアルと同じく、清潔感のある服がマナー。例えば、トップスは襟付きのシャツやブラウス、ボトムスはパンツスタイル・膝丈のスカートなど。
カジュアルと言っても普段着ではなく、お宮参りにふさわしい服装を選びましょう。

お宮参りの服装の決め方

お宮参りで着物を着る赤ちゃん

お宮参りの服装は、上記で述べたように多少のカジュアルであれば大丈夫です。ですが、ママだけフォーマルでパパはカジュアルなど、家族で服装のテイストがバラバラにならないようご注意くださいね
ここでは、服装を決める時のポイントについてまとめました。

最初に赤ちゃんの服装を決めよう

まずは、主役である赤ちゃんの服装を決めましょう。お宮参りの赤ちゃんの正式な服装は白羽二重の内着に祝い着を掛ける「産着」です。産着の場合はレンタルも多いのでチェックしてみるのも良いですね。

暑い夏や赤ちゃんのおむつ変えのことを考えて動きやすいロンパースなどにして、上から祝い着をかけるというスタイルやセレモニードレスも人気です。
おすすめの男の子・女の子ベビー用セレモニードレスを紹介します。

白を基調とした男の子ベビーのセレモニー新生児ツーウェイオールです。
ベストを着ているように見えるのがおしゃれです。

女の子には、ツーウェイドレスと髪飾りが揃ったセレモニードレス3点セット。
ロングドレス・ワンピースの2通りの着こなしが楽しめます。1才頃までの着用が可能です。

ママ・パパの服装を赤ちゃんに合わせよう

赤ちゃんの服装を決めたら、ママ・パパも赤ちゃんのスタイルに合わせます。

・赤ちゃんが産着の場合はママ・パパも着物
・赤ちゃんがセレモニードレスなどの洋装の場合はフォーマルなスーツやワンピース
・赤ちゃんがロンパースなどの場合はカジュアルな服装

ママ・パパは主役である赤ちゃんよりも目立たないことを意識して選ぶことが大事です。

お宮参りのカジュアルな服装の選び方

服を選ぶママ

普段着はNG

前述しましたが、お宮参りのカジュアルは清潔感のあるオフィスカジュアルがマナーです。Tシャツやジーンズなどの普段着や帽子・サンダル等の軽装はふさわしくありません。また、派手な装飾品を付けていくのも控えましょう。

落ち着いた色味の服を選ぶ

お宮参りの主役は赤ちゃんなので、ママ・パパは落ち着いた色味の服装がベター。洋服の色に決まりはありませんが、ブラックを基調とするコーディネート・または、白・紺・グレーなどの色がおすすめです。

お祝いなので、ママはパールのアクセサリーやコサージュ等を付けていくのもいいですね♪靴も服装に合わせた動きやすい靴を選んでくださいね。

ママの服装のポイント

産後のママは、体調のことも考えて体を締め付ける服装は避けたいところ。赤ちゃんの授乳もあるので、授乳口付きのワンピースや動きやすいパンツスタイルを選ぶといいかもしれませんね。
産後のママにおすすめのアイテムを紹介しますので参考にしてください。

産前産後に対応し、授乳口が付いたワンピース。
ゆったりとしたシルエットで体を締め付けないのも嬉しいポイント!

華やかなデザインで、お宮参りにはもちろん、結婚式や披露宴にも対応。
授乳口付きのトップスとパンツのセットで、取り外し可能なネックレスもついています。

パパの服装のポイント

パパの服装に迷ったら仕事に行くときのスーツでも良いです。靴もスーツに合わせて革靴を選びましょう。

仕事やちょっとしたお呼ばれにも使えるジャケットやスーツもあると便利なのでぜひチェックしてみてくださいね。

ビジネスにも休日にも使えるデザインのジャケットは、肩パット入りでシルエットもきれい!
羽織るだけできちんと見える1着です。

シンプルでお洒落なチェック柄がポイントのスーツは、ビジネスから披露宴など、幅広いシーンで使えます。
パンツは裾にかけてのラインがスマートで足を長くスッキリと見せてくれるのも嬉しい。

お宮参りで家族写真を撮る場合の服装は?

家族写真をとるカメラマン

お宮参りをした後に、記念に家族撮影を撮る場合はフォーマルスタイルがおすすめです。写真は一生残りますし、祖父母に送ることも考えるとフォーマルがいいでしょう。

写真撮影はお宮参りと別にするという場合は、撮影の時だけ赤ちゃんは産着、ママ・パパは着物やフォーマルにし、お宮参りは動きやすいカジュアルスタイルというのもよさそうです♪

思い出に残るお宮参りにしよう

笑顔の赤ちゃ

お宮参りの服装について紹介しましたがいかがでしたか?お宮参りは赤ちゃんにとってもママ・パパにとっても一生に一度の大事なイベントです。

素敵な思い出になるようにふさわしい服装を選んで出かけてくださいね!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami