【関係性別】出産祝いの相場はどれくらい?贈る際のマナーやポイント

【関係性別】出産祝いの相場はどれくらい?贈る際のマナーやポイント

最終更新日 2021-11-30 by smarby編集部

家族や親戚、友人が出産した際には、お祝いの気持ちとして「出産祝い」を贈ることが一般的です。

しかし出産祝いの金額設定に明確なルールはないため、「失礼のないように贈るには、いくら包めばいいの?」と疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、出産祝いの相場について関係性別に解説します。贈る際のマナーやポイントについても詳しくご紹介しますので、これから出産を迎える家族や友人がいる人は、ぜひ参考にしてください。

Contents

【家族】出産祝いの相場は?

「御祝」と書かれたのし袋

最も親しい間柄である自分の子どもやきょうだいの出産は非常に喜ばしいもの。一般的に家族への出産祝いは高い金額の場合が多いようですが、お互い気を遣う必要はありません。迷ったときは、相手の希望にそって決めてもいいでしょう。

【子ども】出産祝いの金額相場:3~10万円程度

親(おじいちゃん・おばあちゃん)から子ども(パパ・ママ)へ贈る出産祝いの相場は、だいたい3万~10万円程度です。ただし内孫か外孫か、同居か別居かによっても金額が変動することがあるのでこの点に留意しておきましょう。

内孫とは、名字が同じ直系の孫のこと(主に長男の子)で、外孫とは、名字が違う孫(嫁入りした娘の子)のことです。

出産祝いのお返しである内祝いの金額の相場は、出産祝いの3分の1程度であるため、高額な出産祝いをもらうとその分内祝いの金額も高くなります。高額な出産祝いを渡すときは、「お返しはいらない」旨を添えるといいでしょう。

【兄弟】出産祝いの金額相場:1~5万円程度

兄弟(きょうだい)へ贈る出産祝いの相場は、だいたい1万~5万円程度です。小さな頃から一緒に暮らしていた兄弟は、最も身近な存在です。遠慮なく何でも言える関係性だからこそ、相手に何が欲しいか直接聞くのもおすすめです。

ただし、相手の年齢や贈る側の立場によっても金額は変動します。特に学生や就職したばかりの社会人は金銭的に余裕がない場合もあるので、少なめになるかもしれません。

しかし、大切なのは金額ではなくお祝いの気持ちです。逆に自分が年上で金銭的に余裕がある場合は、少し高めの金額にするといいでしょう。

兄弟が複数いる場合は、お互いどのくらい準備するのか事前に話し合っておくことで、金額に大きな差が出るのを防ぐことができます。ギフトを贈る場合は、直接希望を聞いておくといいでしょう。

【親戚】出産祝いの相場は?

白い写真立ての前に置かれたぬいぐるみとベビーシューズ

親戚といっても幅が広く、関係の深さにも違いがあります。よって親戚に出産祝いを贈るときは、普段のつきあいの深さに応じて金額を決めるといいでしょう。付き合いが深ければ高めに、浅ければ低めに設定することがポイントです。

また、以前出産祝いをいただいたことがある場合は、そのときと同じ金額にすれば間違いありません。

【いとこ】出産祝いの金額相場:1万円~3万円程度

いとこ(従兄弟・従姉妹)へ贈る出産祝いの相場は、だいたい1万円~3万円程度です。ただしこの場合も、贈る側の年齢や立場によって金額が変わります。

贈る側が30代前後と若い場合や独身の場合は5千円~1万円程度、既婚者の場合は1万~3万程度が相場です。

疎遠で、さほどつきあいがない場合は無理して贈る必要はありません。迷ったときは、他のいとこたちと金額を合わせておくといいでしょう。

【姪・甥】出産祝いの金額相場:3~5万円程度

姪や甥に贈る出産祝いの相場は、3万~5万円程度です。ただしこの場合も、つきあいの深さによって金額は変動します。

姪や甥が小さな頃から面倒をみてきて、自分の子どものように可愛がってきた人にとって姪や甥の出産は非常に嬉しいものです。このような場合は高めに設定するケースもあるでしょう。

逆に疎遠で交流がほとんどない場合は、渡さなくても問題ありません。

【友人】出産祝いの相場は?

妊娠中の女性とその友人たち

幼なじみや学生時代の友人、職場の友人など、友人と言える人との関係性や年齢は幅が広いため、出産祝いの金額設定に迷う人もいるでしょう。友人に出産祝いを贈る場合は、つきあいの深さや年齢で金額を決めることがポイントです。

【親しい友人】出産祝いの金額相場:1万円程度

昔からつきあいがある仲がいい友人への出産祝いの相場は、1万円程度です。家族のように気心が知れた仲である友人の出産は、自分のことのように嬉しいもの。だからといって高い出産祝いにすると、相手も気を遣ってしまいます。

何でも言い合える仲であれば、相手のリクエストを直接聞くのもおすすめです。現金のみでは素っ気ない感じがする場合は、商品券にしたり、出産祝いとベビー用品をセットで贈ったりする方法もありますよ。

【たまに会う程度の友人】出産祝いの金額相場:3~5千円程度

友人の中でもそこまで深いつきあいがなく、たまに会う程度の友人に贈る出産祝いの相場は、だいたい3~5千円程度です。

あまり高いと受け取る側も気を遣ってしまいますし、逆に低く設定すると「失礼かな…」と不安に思う人もいるでしょう。

迷ったときは、好きなものを選べるカタログギフトを贈るのがおすすめです。カタログギフトなら現金の素っ気なさがなく、好きな品物を選ぶことができます。

【グループ】出産祝いの金額相場:1人あたり3~5千円程度

グループで連名にして出産祝いを贈るケースもあります。この場合の相場は、一人あたりだいたい3~5千円程度です。総額はグループの人数やつきあいの深さによって変わりますので、事前に話し合って金額を決めておくといいでしょう。

グループで出産祝いを贈る場合は、個人で贈るよりも予算の相場が高くなりますが、その分選択肢も増えます。相手のリクエストを聞いておくといいでしょう。

【職場】出産祝いの相場は?

職場で男性にギフトを渡そうとしている女性

職場には、同僚・上司・部下など上下関係があり、それに応じて出産祝いの金額も変動します。

「慶弔規程」を定めている会社もあるので、職場内で出産祝いを贈る際はこの点も確認しておきましょう。ここではそれぞれの出産祝いの相場について説明します。

【同僚】出産祝いの金額相場:1人3千円程度

同僚の場合は各々でお祝いするよりも、同期のメンバー全員でお祝いするケースが多く、1人あたり3千円程度が相場です。ただし人数が多いほど金額も高くなってしまうので、メンバーが多い場合は、1人千円程度のケースもあります。

この場合の注意点は、1人あたりの金額があまりに少ない場合、相手が内祝いの選定に困ってしまうという点です。同僚の中でも特に親しい人を代表にするなどし、相手がお返ししやすいようにしましょう。

【上司】出産祝いの金額相場:5千円~1万円程度

特にお世話になっている上司に対し個人的に出産祝いを贈る場合の相場は、5千円~1万円程度です。

目上の人への贈り物なので、「現金を贈るのは気が引ける…」と感じる人もいるでしょう。そのような場合は、商品券やギフトなどがおすすめです。ギフトを贈る際は、大きさに注意しましょう。

出産祝いは職場など自宅外で渡す場合、大きいものは持ち帰るのに不便です。また、目立ってしまう可能性もあり人目が気になってしまうことも。よってギフトはなるべくコンパクトなものを選びましょう。

【部下】出産祝いの金額相場:3~5千円程度

自分が指導している部下や後輩などに対して個人的に出産祝いを贈る場合の相場は、3千円~5千円程度です。

自分よりも立場が上である上司から出産祝いを受け取ると、部下は内祝いの金額や品物選びに気負いを感じやすくなります。

あまりに高額な出産祝いだと、「豪華な内祝いを用意しなきゃ!」などと気を遣わせてしまうので、そうならない程度の金額やギフトを贈りましょう。

出産祝いを渡す際におさえておきたいマナーやポイント

赤い机の上に置いている御祝い袋

出産祝いを渡す際には、金額以外にも気を付けておきたいルールやマナーがあります。ここでは、出産祝いの祝儀袋の選び方や祝儀袋の書き方、渡すタイミングなどについて解説します。

お札は新札を用意する

出産祝いに限らず、お祝いごとでお金を贈る際は新札が基本です。なぜかというと、新札はいつもお財布にあるわけではなく金融機関で用意することから、「お祝いのために用意しましたよ」という心遣いを伝えられるからです。

逆に新札でなく、古いお札を包むのは香典やお見舞いのときです。よって出産祝いに古いお札を包んでしまうと、「お祝いのことを忘れていて慌てて用意した」と思われてしまう可能性があります。

前もって銀行や郵便局で新札を用意しておきましょう。

お札を入れる向きに注意する

袋の中から少し出ている一万円札

実は、お札をご祝儀袋に入れる向きにもマナーがあります。ご祝儀袋には中袋があり、この中袋の表とお札の表(肖像画が描かれている面)を合わせて入れるのが正しいマナーです。

分かりやすく言うと、相手が中袋の表と向き合った状態でお札を出したときに、肖像画が現れればOKです。

お札が数枚ある場合は、全て同じ面と向きに揃えることもお忘れなく。

出産祝いを渡すタイミングを確認

出産祝いを渡すベストなタイミングは、赤ちゃんとママが落ち着いた頃の生後10日~1ヵ月頃です。

この時期の赤ちゃんには2つのイベントがあり、一つは生後7日後の命名のイベント「お七夜」、もう一つが生後1ヵ月の「お宮参り」です。出産祝いはこれら2つの節目の間に渡すのがちょうどいいと言われています。

渡す際は、赤ちゃんとママの体調にも気を遣いましょう。生後まもない赤ちゃんのお世話はとても大変です。

産後まだ体の調子が整わない上に寝不足であることが多いママを突然訪問すると、心身に重い負担をかけてしまいます。出産の報告を受けたら体調を伺い、渡すタイミングを見計らいましょう。

ご祝儀袋の書き方に注意

出産祝いに使うご祝儀袋は、「紅白で蝶結びの水引」です。袋の表側には「祝 ご出産」や「御出産御祝」と書きましょう。お祝いごと全般に使われる「御祝い」でも問題ありません。

ただしここで気を付けたいのは、4文字の塊にしないことです。日本で4文字の塊は「死文字」ともいわれているため、お祝いごとには向いていないのです。

水引の下には、贈り主の名前を書きます。3名までは連名で書きますが、それ以上の場合は代表の名前を書き、その左側に「外一同」と添え、別紙に全員の名前を書いて中袋に入れましょう。

中袋の表面中央には、「金 壱萬円」のように、旧字体で金額を書きます。裏面の左端には、贈り主の住所と名前を書き入れます。

ご祝儀袋に文字を書き入れる際は、「毛筆」または「筆ペン」を使うのが正しいマナーです。また出産祝いなどのお祝いごとには、濃い色の墨を使いましょう。薄い墨はお葬式などの法事に使われるのでNGです。

出産祝いを「現金」か「お祝いの品」で迷ったら

出産祝いには、現金のほかにも品物で贈ることができます。現金は直接的なイメージがありますし、品物は好みが分かれるので選ぶのに迷ってしまうことも。現金かお祝いの品で迷ったら、それぞれのメリットを考えてみましょう。

現金のメリット 

  • 好みを考える必要がなく相手の用途に合った使い方ができる。
  • 金額が分かるので内祝いの相場に迷いにくい。

お祝いの品のメリット 

  • 相手の喜びそうなものを選ぶ楽しさがある。
  • 宅配便で送りやすい。
  • 贈る側と贈られる側両方に品物の思い入れができる。
  • 名前が分かれば名入れギフトも贈ることができる。

このように、どちらにもいい面があります。相手の好みが分かっている場合や遠方の場合は品物を、好みのものが分からない場合や好きな使い方をしてほしい場合には現金を贈るのがおすすめです。

【3~5000円程度】出産祝いにおすすめのギフト3選

ここからは、たまに会う友人や同僚や部下の出産祝いにおすすめのギフトを3つ厳選して紹介します。どれも手ごろで可愛らしいアイテムばかりですよ。名入れができるものもあります。

【おむつケーキ】実用性と可愛らしさが喜ばれる♡

日本製の今治タオル・オーガニックスタイ・紙おむつ20枚をワンセットとし、ケーキ型にラッピングしたキュートなギフト。お花屋さんだからこそできるサプライズプレゼントです。

タオルもスタイも肌に優しい素材だから、生まれたばかりの赤ちゃんでも安心ですね。

スタイのデザインは全部で11種類と豊富なバリエーションで、パステルカラーの愛らしいキャラクターがあしらわれています。今治タオルには赤ちゃんの名前の刺繍を無料で入れることができます。

【スタイギフト】おしゃれなデザインが喜ばれる♡

パッチと水玉のベビースタイ2枚と、ガーゼのミニハンカチ1枚がワンセットになったギフトです。

ベビースタイは、大人気作家、nuinuiさんがデザイン。温もり感あふれるナチュラルな雰囲気に溶け込むように、赤ちゃんのイニシャルの刺繍をワンポイントで入れることができます。

スタイは、パステル調のピンクとブルーなので、男の子でも女の子でもOK。また小ぶりなデザインなので、新生児でも使うことができますよ。

【プレートセット】食事やおやつなど使い道いろいろ♡

10mois(ディモア)の、1枚皿と仕切り皿2枚のプレートにカトラリーが付いたシンプルな食器セットです。

食器はバイオマスプラスチック製なので、竹の持つ天然の抗菌作用が備わっています。赤ちゃんが掴んだりなめたりしても安心ですね。

また、ごはんをスプーンですくいやすい雲型の設計なので、赤ちゃんの食べたいという気持ちをサポートします。月齢に合わせて自由に使い分けられ、離乳食を卒業したら、おやつ用のお皿などにも使えます。

【1万円程度】出産祝いにおすすめのギフト3選

次に、親族や親しい友人、上司への出産祝いにおすすめのギフトを3つ紹介します。定番のものからカタログギフトまで幅広く厳選しました。

【カタログギフト】好きな商品が選べる♪

「出産祝いでもらいたいギフトランキング」の上位の商品を完全に網羅した豪華なラインナップのカタログギフトです。

オーガニックコスメ「ヴェレダ」やベビー・子供服「ヘリアンタス」などの有名ブランドのほか、ボディケアセットやオーガニックタオルなど、ママも赤ちゃんも喜ぶ商品が満載。見ているだけでワクワクできるギフトになりそうですね。

お出かけグッズや一緒に遊べるおもちゃなど、親子のコミュニケーションを深めるものもあります。

【おくるみ】赤ちゃんのお肌にやさしい素材のいいものを選んで♪

赤ちゃんの肌にも優しいふわふわのガーゼ素材でできたベビーブランケットです。生地は吸水性・通気性に優れているので、汗っかきな赤ちゃんでも年中快適に使うことが出来ます。

柔らかいので寝返りを打っても体に負担を与えません。紙タグも布タグも付いているので、プレゼントに最適です。

おくるみにはもちろん、授乳時のカバーやベビーカーの日除けとしても使うことができます。ナチュラルな水彩画のような、滲んだデザインもとってもオシャレですね。

【フードタオル&スタイセット】赤ちゃんのお風呂あがりに便利♪

吸水性に優れた、上質なオーガニックコットンを100%使用したフード付きのバスタオルとスタイのセットです。

フード付きバスタオルは、動物のモチーフに合わせて縫製のパターンを変えており、ブラウンはひつじ、グレーはゾウをイメージしています。

お風呂上りに赤ちゃんをすっぽりと包み込めるので、ママも大助かりですね。幅広い年齢の子どもが使える人気アイテムです。

エプロン型のスタイは、はずれにくいので動き回っても大丈夫。お出掛けにも安心して使えますよ。

出産祝いの相場やマナーを知ってお祝いの気持ちを伝えよう

ピンク色のご祝儀袋を差し出している女性の手

出産祝いの相場は、親族・友人・職場などの関係性や、個人的な親密度によって変わります。全体的に共通して言えることは、相手に気を遣わせない程度の金額にし、場合によっては商品券やギフトも適しているということ。

また、出産祝いに用いるご祝儀袋の選び方・書き方・お札の入れ方にもマナーがあり、これらを知らずに渡すと失礼にあたる場合があります。しっかり心得ておきましょう。渡すタイミングに注意することもお忘れなく!

正しいマナーのもとに出産祝いを贈ることは、その後の関係性を良好に保つことにもつながります。余裕を持って用意し、思い出に残る出産祝いにしてくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami