【おもしろ&おしゃれなお年玉袋・ポチ袋13選】ワンランク違う楽しみ方を!

【おもしろ&おしゃれなお年玉袋・ポチ袋13選】ワンランク違う楽しみ方を!

最終更新日 2021-11-12 by smarby編集部

子どもにとってお正月の一大イベントである「おとしだま」。
今年も残りわずかになり、お年玉を入れる「お年玉袋」を購入を検討しているママ・パパも少なくないはず。

そして多目的で使い勝手がいい「ポチ袋」も子どもを持つママの強い味方。
筆者も子どもの習い事の集金やママ友への​​お礼などでポチ袋を活用する機会がずいぶんと増えました。

そこで今回はおもしろいデザインからおしゃれなタイプのお年玉袋・ぽち袋に焦点を当ててみました

3枚や5枚などのセット商品、お札を折らずに入れられるサイズ、送料無料のアイテムなど幅広くご紹介します。購入する際の参考にしてみてくださいね。

新年は”笑い”から!おもしろ系お年玉袋・ポチ袋7選

子どもに人気のキャラクターも良いですが、来年のお正月はおもしろ系お年玉袋で「新年最初の笑い」を狙ってみませんか?
ゆるいイラストにシュールなコメントが付いたものや、子供が喜ぶパロディもの、一風変わったデザインのものなど7つをピックアップしました。

クスッと笑えるポチ袋は仲の良い友人やお世話になっているママ友に渡すときにも重宝しますよ。

1.大人たちの言葉を代弁【おもしろポチ袋】

「大事なのは金額じゃない」という大きな文字、凛々しい表情のクマのイラスト。

有無を言わさぬ説得力で、子供のクレームを受け付けないお年玉袋が登場!

親戚が多いとお年玉を渡す子供も多くなり、年始早々大きな痛手。かわいそうだけど少~し控えめなお年玉のときは、このお年玉袋を渡してみてはいかがでしょうか♪

<商品詳細>・サイズ:65×100mm
・5枚入り

2.新年初ドッキリにもってこい【1億円のお札袋】

1万円のお札かと思いきやなんとゼロが8個も!特に数字の勉強を始めた小学生にウケること間違いなしのポチ袋。
お年玉袋の他にお手紙を入れることもできます。

お仕事をがんばっているパパに、子どもと一緒に新年初ドッキリを仕掛けてみるのも面白そうです♪

<商品詳細>
・サイズ:約70x100mm
・5枚入り
・封函シール付き6枚分

3.ワンランク上のワクワク感が体験できる【ポチみくじ・ポチわらい】

正月といえば、「初詣に行っておみくじを引く!」方も多いはず。そこで登場したのが、「おみくじ」ならぬ「ポチみくじ」。
おみくじを引く時と同じように、ポチみくじを逆さまにするとお金と一緒におみくじが出てくる仕掛けがあります。

そして「ポチわらい」は、お正月の伝統遊びでもある「福笑い」がポチ袋が合体!ポチ袋の中には、お年玉と一緒に福笑いの顔のパーツが入っているので、お年玉をもらった後はみんなで福笑いゲームを楽しめるのです。

子どもたちもドキドキワクワクすること間違いなしのお年玉袋です♪

<商品詳細>
・ポチみくじ
サイズ:幅42×奥行37×高さ85mm
・ポチわらい
サイズ(本体):209×187mm(パーツ部分):85×187mm
・6柄入り

4.まるで本物!?【長財布型ポチ袋】

二つ折りになった長財布がデザインされた入れ物に、思わず「本物?」とビックリしてしまうポチ袋です。

お財布の中にもカード類がデザインされており、再現度は100%!
財布の内側にはメッセージを記入する場所もあります。

お年玉を取り出した後はおままごととしても遊べそうですね。

<商品詳細>
・サイズ:175×85mm
・封筒1枚、透明シール1枚入り

5.お金以外も入れられる!【三角 ぽち袋】

「三角ぽち袋」は、その名の通りテトラパックになっている個性的なポチ袋です。イラストも親しみやすく可愛いですね♡

立体的な構造なのでお金だけでなく、小さなお菓子を入れることも可能!
まだお金を渡すには早すぎるかな?と迷う年齢の子にはお菓子のお年玉もおすすめです。

お年玉をより喜んでもらうために、お菓子も一緒に入れてみるのはいかがですか?

<商品詳細>
・サイズ:(折りたたみ時)縦93×横90mm(立体時)横90×奥行78×高さ75mm
・同柄3枚入り
・口留テープ

6.お年玉袋の概念を覆した【たまご型ポチ袋】

ネコ・クマ・ウサギなど10種類の可愛い動物のイラストが描かれた「たまご型ポチ袋」。
和紙で作れており、コロンとした丸いフォルムがなんともキュート!
こちらも三角型のぽち袋と同様に、お金以外に小さなお菓子を入れることもできる万能袋です。

お年玉を取り出した後は、お部屋に飾っておくのもよし、子どものおもちゃとして遊ぶのもよし。色々な使い方が楽しめるポチ袋ですね。

<商品詳細>
・サイズ:約直径60mm×高さ65mm

7.お札が折らずに入る【大人の封筒】

表に書かれた「例のものです」の一文に思わずクスッと笑ってしまうポチ袋。
ママ友同士や大人同士でお金のやりとりをする時にぜひ使いたいアイテム。

子どものお小遣いや中高生へのお年玉袋・クリスマス会などのイベントの時の集金に活用してみても面白そうです♪

<商品詳細>
・サイズ:82×167mm
・3枚セット

センスが光るおしゃれなお年玉袋・ポチ袋6選

お年玉袋にはおもしろ系だけでなく、おしゃれなものもたくさんあります。

続いては、大人っぽいデザインが好きな女の子やママ友などにぜひあげたいおしゃれなお年玉袋・ポチ袋を厳選しました。

特別感のある上品なデザインのものやユニセックスで個性的なものなど、チェックしてみましょう!

1.保存しておきたくなるほど豪華な【花ぽち袋 スクエア】

正方形のぽち袋の中心に咲く、真っ赤な花が印象的な「花ぽち袋 スクエア」。
フェルトで作られた花の真ん中には、白いパールがきらめきます。このセレブ感は他のぽち袋とは別格!

子供っぽさが恥ずかしくなる年頃の女の子も「花ぽち袋 スクエア」のお年玉袋ならきっと喜んでくれるはず♪高校生・大学生の親戚にあげるのにも良いかもしれませんね。

<商品詳細>
・サイズ:約幅83×高さ81×厚み13mm
・素材:紙、フェルト

2.【あららぎ紙ぽち袋】は、大人も欲しくなるデザイン!

「あららぎ紙ぽち袋」は、袋を彩る金色の花が美しい、高級感たっぷりのぽち袋です。花の素材はなんと合皮生地!子供だましではない、デザイナーの本気を感じますね。

カラーを3色から選ぶことができ、藍色はシック、朱色は華やか、白色は荘厳な雰囲気を持っています。日頃からお世話になってるママ友や大人っぽいデザインを好む女の子にぴったりなポチ袋です。

<商品詳細>
・サイズ:約幅85×奥行き15×高さ185mm
・素材:紙、合皮

3.使い方いろいろ【POCHI-PON(ポチポン)筒型ポチ袋】

100円玉や飴玉・チョコなども入れることができるサイズの筒状ポチ袋。
形崩れしにくい丈夫な作りになっているので、ポチ袋としてだけでなく、印鑑やはんこ・お薬を入れたり、クリップなどの文房具グッズを保管する入れ物として使うこともできる優れもの。

クルクルっと丸めてメッセージカードを添えることもできます♪フタを開ける時の「ポン」という音にもぜひご注目を!

<商品詳細>
・サイズ:直径26×高さ88mm
・1種類3個セット

4.カラーに合わせて模様が異なる【紋五色のし袋】

見た目も鮮やかで美しい「紋五色のし袋」もお祝い行事や祝儀袋​​としておすすめのポチ袋です。パール印刷が施されているため、ワンランク上の高級感を演出してくれます。

それぞれの色には異なる模様が入っていますが、模様が持つ意味合いも異なります。例えば、赤色の袋には麻の葉紋様が描かれており、「仕事運・決断・健康運」の意味が込められています。

用途によってポチ袋を使い分けられるので重宝しますね。

<商品詳細>
・サイズ:高さ173×幅86mm
・1冊2枚入り

5.小さなプレゼント用にもおすすめ【ことぶき紙豆ぽち袋】

4種類のパステルカラーが可愛らしい「ことぶき紙豆ぽち袋」。
スクエア型になっており、中には袋と同じカラーのメッセージカードも入っています。

袋にはゴールドのリボンとパールが添えられており、お正月のほかにお誕生日やクリスマスなどのお祝いの時にも活躍してくれます。
小さめのアクセサリーを入れることもでき、プレゼントやギフトにも最適。ほんの気持ちを贈る時にピッタリなサイズです。おしゃれ女子が喜んでくれるデザインですね♪

<商品詳細>
・サイズ:約幅60×奥行10×高さ50mm
(カードサイズ:約幅46×高さ46mm)

6.シンプルで上品なものなら【かみあい ぽち袋】

「かみあい ぽち袋」は、文字もイラストも無いシンプルなデザインが印象的。やさしく透明感ある色合いが上品な、大人向けにぴったりなぽち袋です。

シンプルでありながら他にはないモダンな雰囲気で、すぐ捨てるのはもったいないほど。落ち着いたものを好む女の子や和柄模様・和雑貨好きの方にぜひ選んであげたいですね。

<商品詳細>
・サイズ:約幅55×高さ98mm
・1冊2枚入り

おもしろ&おしゃれなお年玉袋・ポチ袋を贈ろう♪

当たり障りのないお年玉袋もアリですが、来年のお年玉は個性的な袋を選んで思い出に残るお正月にしてみませんか?
おもしろ系お年玉袋で笑顔になってくれたり、おしゃれなお年玉袋に目を輝かせてくれたりといった反応はこだわったお年玉袋ならでは。

また、いろいろなシーンで活躍してくれるポチ袋も常備しておくと安心ですよ。
ひと癖あるポチ袋で相手をクスッと笑わせたり、おしゃれなデザインでこころを込めて感謝の気持ちを届けてみてはいかがでしょうか♪

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami